So-net無料ブログ作成

こんにゃく作りに初挑戦☆ [加工品]

一週間前に、お友達のご実家からこんにゃく芋を頂きました。
こんにゃく芋

去年から私はこんにゃくを作ってみたいということを言っていて、
それを覚えていていただいたのですね~。
とても嬉しいです♡ 有難うございます。

よしっ!!時間が出来たらこんにゃく作りに挑戦しようと考えていました。

実は、ブログにアップするのはちょっとお恥ずかしいくらいです。
でも初めてだし、こんなお料理にセンスない人もいるんだということで、
こんにゃく作りの様子を見てみてください。
今後のこんにゃく作りのために、反省して次回こそ…。

では、スタート☆
こんにゃく芋の皮をむきました。
皮をむいたこんにゃく芋

皮をむかなくてもよいのですが、初めてなので今回は皮をむいてみました。

かゆみ防止で手袋をつけて擦ります。
擦っているこんにゃく芋


火にかけます。
火にかけたこんにゃく芋


20分焦がさないように混ぜます。
火にかけて20分混ぜたこんにゃく芋


お湯に溶かした精製ソーダを回しいれました。
精製ソーダをお湯で溶かしたもの


5分間混ぜて火を止めます。
精製ソーダを混ぜたこんにゃく芋


3時間鍋にそのままおいておきました。
3時間そのままにしたこんにゃく芋


見た目はボソボソ感がありますが固まっています。
固まっているこんにゃく芋


あく抜きで40分ゆでます。
あく抜きしているこんにゃく芋


出来ました!!が、お友達のパパさんが作って頂いたこんにゃくと比べると、弾力や見た目が全く同じでは
ありません・・・。
あっちゃんパパのこんにゃくと私のこんにゃく


頂いたこんにゃくと私が作ったこんにゃくをキンピラ風に炒めてみました。
こんにゃくのキンピラ風

食感は頂いた方が軟らかい。私が作った方はしっかりした感じだったけれど、味のしみこみ具合は同じ
くらいだったかな(*^_^*)
子供たちには散々言われたけれど、自分で作ったこんにゃくは美味しい!!

次回はもう少し柔らかく見た目も滑らかになるように作りたいです♡



nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

scarlet

何か作り方は単純作業のようですね。アクが強いのでゴム手袋大変な作業をしないとコンニャクできないんですね。ところでどの工程が違って出来に影響したんでしょうか。やはり写真を拝見すると見た目がいつも我々が目にするコンニャクと違うようですが・・・。精製ソーダの入れ方と交ぜかななんでしょうか。素人には良く判りませんが普段気にせず食していますが大変なんですね。
by scarlet (2012-12-07 15:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。